たまひびpresents 

  バロック名曲アルバム 

~嘆きの歌~ 歌詞意訳

IMG_6032.JPG

先日はご来場ご視聴どうもありがとうございました。

お約束から数日遅れましたが、意訳を掲載します。

私がピンとくる語調を選んでいるため、乱文乱筆ご勘弁を。

 

10/6まで以下のリンクから何度でもご視聴いただけます。

↓↓↓

https://twitcasting.tv/c:espacebiblio/shopcart/24097

 

ツイキャスをご鑑賞になりながら、

意訳と照らし合わせてお楽しみください。

 

*意訳の無断転載コピー禁止

(高橋美千子 意訳)

◆ヘンデル:オンブラ・マイ・フ

Händel : Ombra mai fu 

木陰よ

これほどに優しく心地よい木陰が

今までにあったろうか

Ombra mai fù di vegetabile,

cara ed amabile, soave più

 

 

◆カッチーニ:アマリッリ麗し

Caccini: Amarilli, mia bella

アマリッリ、私の美しい人

僕が君を愛しているとは信じないの?

君が不安になることなんて一切ないんだ

僕の胸を開いて読んでみたらいいよ

だってこの心には

「アマリッリは僕の大事な人」って

書いてあるんだから

Amarilli, mia bella

non credi, o del mio cor dolce desio

d'esser tu l'amor mio?

Credilo pur: e se timor t'assale,

dubitar non ti vale.

Aprimi il petto e vedrai scritto in core:

Amarilli é'l mio amore.

 

 

◆モンテヴェルディ:苦しみは甘く

Monteverdi: Si dolce è'l tormento

苦しみが甘く この胸に残る

つれない美女を楽しんで 僕は生きている

美の楽園は 奢りばかりで 情けが足りない

けどあの岩のように  厳しい波が押し寄せたって

僕の思いは変わらない

やるせない希望が 僕に忍び寄る

喜びとか安らぎは ここにはやってこない

僕の好きな我儘な人は 僕を休ませてくれない

このまま苦しみが続き 希望は裏切られたまま

僕は生きていくんだろうか

火の中でも氷の中でも 僕は休めなかった

天国の港に行けば 僕は休めたんだろうか

もし鋭い矢で ぐさっとこの心が傷つくならば

運命の歯車は狂って 死を見つめながら

心は癒されるんだろうか

もし愛の炎のこと 僕を虜にしたあの心が

知らなかったなら

もし僕の魂を魅了した 

酷くも美しい人が情けを 知らなかったら

いつか苦しんでやつれて

ため息をついてほしいな

僕のために

Si dolce è'l tormento 

Ch'in seno mi sta,

Ch'io vivo contento

Per cruda beltà.

Nel ciel di bellezza

S'accreschi fierezza

Et manchi pietà:

Che sempre qual scoglio

All'onda d'orgoglio

Mia fede sarà.

La speme fallace

Rivolgam' il piè,

Diletto ne pace

Non scendano a me,

E l'empia ch'adoro

Mi nieghi ristoro

Di buona mercè:

Tra doglia infinita,

Tra speme tradita

Vivrà la mia fè.

Per foco e per gelo 

Riposo non ho

Nel porto del Cielo 

Riposo haverò...

Se colpo mortale 

Con rigido strale 

Il cor m'impiagò

Cangiando mia sorte
Col dardo di morte
Il cor sanerò...


Se fiamma d'amore
Già mai non sentì
Quel rigido core
Ch'il cor mi rapì,
Se nega pietate
La cruda beltate
Che l'alma invaghì:
Ben fia che dolente,
Pentita e languente
Sospirimi un dì.

 

 

◆モンテヴェルディ:あの蔑んだ眼差し

Monteverdi: Quel sguardo sdegnosetto

あの蔑んだ眼差しが

輝きを放って 素早い矢になって

僕の胸に突き刺さる

その美しさに熱くなり 僕は粉々に砕け散る

その視線で僕を傷つけて

その笑顔で僕を癒して

その瞳で迫っておいでよ

ビシッと決めて 僕の心にギラギラと

嵐となって降り注いだらいい

でも手遅れになる前に

その唇で 僕を生き返らせて

その視線で僕を傷つけて

その笑顔で僕を癒して

美しい瞳、さあかかっておいで

こっちの心の準備はできてるから

傷つけるのを楽しんだらいい

僕をめちゃくちゃにするまで

もし僕がきみの矢で 打ち負かされたとしたら

その視線で僕を傷つけて

その笑顔で僕を癒して

 

Quel sguardo sdegnosetto

lucente e minaccioso,

quel dardo velenoso

vola a ferirmi il petto,

Bellezze ond'io tutt'ardo

e son da me diviso

piagatemi col sguardo,

Sanatemi col riso.

Armatevi, pupille

d'asprissimo rigore,

versatemi su'l core

un nembo di faville.

Ma 'labro non sia tardo

a ravvivarmi ucciso.

Feriscami quel squardo,

ma sanimi quel riso.

Begl'occhi a l'armi, a l'armi!

Io vi preparo il seno.

Gioite di piagarmi

in fin ch'io venga meno!

E se da vostri dardi

io resterò conquiso,

feriscano quei sguardi,

ma sanami quel riso.

 

◆ランベール:あなたの蔑みが

Lambert: Vos mépris chaque jour

あなたの蔑みはいつも

僕をすごく不安にさせるんだ

でもそういう自分の運命が愛おしい

たとえそれが厳しいものであっても

ああ!もし悪い時であっても

そこにたくさんの魅力を見つけられるなら

僕は喜んで死ねるだろう

もしそれでもっと幸せになれるなら

Vos mépris chaque jour 

me causent mille alarmes,

Mais je chéris mon sort, 

bien qu'il soit rigoureux :

Hélas ! si dans mes maux

je trouve tant de charmes,

Je mourrois de plaisir 

si j'estois plus heureux.

 

 

◆ボエセ:甘美な魅力に

Boesset: Objét, dont les charmes si doux

甘美な魅力の中にあるお方

私はあなたの世界に繋がれてしまいました

あなたのそばにいないとき

私の涙は苦しみの証人となるのです

そしてあなたの魅力をふたたび見るとき

喜び余って死んでしまうでしょう

誰が自由を守りたがるでしょうか

あなたの視界から遠ざかるくらいなら

優雅さも美しさも

天があなたに与えなかった物などないのです

あなたの美しい瞳でひと目見られては

どんな男たちも敵わないのです

 

ならば死を避けるには

どの運命に従うべきなのでしょう

あなたなしには私は苦しすぎて

生きていくことすら無理なのです

けれどあなたの魅力をふたたび見るとき

喜び余って死んでしまうでしょう

Objét, dont les charmes si doux

M'ont enchaisné sous vostre empire,

Lors que je suis absent de vous

Mes pleurs tesmoignent mon martyre :

Et quand je revoy vos appas,

Un excez de plaisir me donne le trespas.

Qui veut garder sa liberté,

Doit s'esloigner de vostre veuë :

Il n'est ny grace ny beauté

Dont le Ciel ne vous ayt pourveuë :

Et la conqueste d'un amant

Ne couste à vos beaux yeux

qu'un regard seulement.

Doncques pour éviter la mort,

Quelle fortune dois-je suivre ?

Sans vous je m'afflige si fort

Qu'il m'est impossible de vivre :

Et quand je revoy vos appas

Un excez de plaisir me donne le trespas.

 

**

◆ダウランド:流れよ我が涙

Dowland: Flow, my tears

流れよ我が涙 泉より溢れよ

永遠に追放された私を 嘆かせてくれ

夜の黒い鳥が悲しく辱めを歌う場所で

ひとりにさせてくれ

 

失せよ虚しき光、これ以上輝くな

夜は闇が深すぎることはないのだ

絶望によって最期の運命を嘆く者に

光はただ辱めを暴くだけなのだ 

我が悲しみは癒されることはない

憐れみが去った時から

涙と ため息と 呻きによって

私の疎ましい日々は 

すべての喜びを失ってしまったのだから 

 

幸せの絶頂から 我が運命は転げ落ちた

恐れと 嘆きと 痛みが 

私の不毛な日々には

我が希望となるのだ、望みが消えた後は

聞け!暗黒に住む影たちよ 

光を軽蔑するがよい 

幸いかな、幸いかな 地獄に在りて 

この世の侮蔑を、感ずることなかれ 

Flow, my tears, fall from your springs!

Exiled for ever, let me mourn;

Where night's black bird her sad infamy sings,

There let me live forlorn.

 

Down vain lights, shine you no more!

No nights are dark enough for those

That in despair their last fortunes deplore.

Light doth but shame disclose.

Never may my woes be relieved,

Since pity is fled;

And tears and sighs and groans

my weary days

Of all joys have deprived.
 

From the highest spire of contentment

My fortune is thrown;

And fear and grief and pain

for my deserts

Are my hopes, since hope is gone.

 

Hark! you shadows that in darkness dwell,

Learn to contemn light

Happy, happy they that in hell

Feel not the world's despite.

 

◆パーセル:ひとときの音楽

Purcell: Musick for a while 

 

ひとときの音楽が

あなたのあらゆる心配を和げるでしょう

不思議なことに あなたの痛みは軽くなるのに

音楽は喜びをはにかんでいます

 

運命を司る女神アレクトが

永遠の運命の紐から死者を解放するまで

そして蛇がその頭からポロポロ落ちて

鞭がその手から外れるまで

ひとときの音楽は

あなたのあらゆる心配を和げるでしょう

Musick for a while

Shall all your cares beguile

Wondering how your peins were eased

And disdaining to be pleased

 

Till Alecto free the dead

From there eternal band

Till the snakes drop, drop from her head

And the whip from out her hand 

Musick for a while

Shall all your cares beguile

 

 

◆パーセル:私が横たわるとき

Purcell: Dido's Lament

 

手を貸して、ベリンダ

暗闇が私を覆うの

あなたの胸で休ませて

もう少しだけ、でも死が私を呼んでるわ

死はいま招かれし客となるの

 

私が地に伏すとき

私のせいで

あなたの心が混乱しませんように

覚えていてね、私のことを

でも私の運命は忘れてしまって

Thy hand, Belinda, 

Darkness shades me,

On thy bosom let me rest.

More I would, but death invades me;

Death is now a welcome guest.

 

When I am laid, am laid in earth,

May my wrongs create 

No trouble, no trouble in thy breast;

Remember me, but ah forget my fate.